公益社団法人 日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度委員会

学術集会・研修会等主催団体向け 研修単位認定の申請手続きについて

平成27年10月
日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度委員会

  日本産業衛生学会産業保健看護専門家制度では、本制度登録者の研鑽および更新要件修得のため、産業保健関連学会等主催の学術集会・研修会について、以下の要領で申請されたものに対しその内容を審査し、単位認定研修として認められたものについてHP等で公開いたします。

1. 単位認定基準

  • 専門研修の単位認定基準は、講演・シンポジウムについては、日本産業衛生学会総会・全国協議会と同レベルの質であることとし、認定単位は1講演、1シンポジウムで各1単位とする。(時間の長短による単位の追加は行わない)
  • 実地研修の単位認定基準は、日本産業衛生学会全国協議会の合同セミナー・実地研修と同レベルの質であることとし、認定単位は1研修で1単位とする。(時間の目安は1時間30分以上を1単位とし、時間の長短による単位の追加は行わない)

2. 単位申請の受付と回答の期日について

期初から3か月毎に単位申請を受け付ける。平成27年度は第4期申請から開始する。

第1期申請3月~5月開催分対象1月末申請締切り2月末までに回答
第2期申請6月~8月開催分対象4月末申請締切り5月末までに回答
第3期申請9月~11月開催分対象7月末申請締切り8月末までに回答
第4期申請12月~2月開催分対象10月末申請締切り11月末までに回答

3 .申請の流れ

  1. 申請者は研修認定申請用紙(様式第24号‐2)を、産業保健看護専門家制度委員会ホームページ(http://hokenkango.sanei.or.jp/)からダウンロード
  2. 申請者は事務局へメールにて申請
  3. 研修内容認定部会へ申請内容を審査
  4. 研修内容認定部会による審査内容を専門家制度委員会で承認
  5. 事務局より申請団体代表者へ審査結果を通知(同時に専門家制度委員会HPで公開)

4. その他

  • 法改正時等の厚労省関連の説明会については、単位認定は行わない。
  • 一般職(法曹関係者等)が講師を務める研修会等は、原則として大学の講師以上とする。
  • 医療系の講師については国家資格有資格者を原則とする。(カウンセラー等の民間資格者は講師とする場合は、経歴等を確認する。)
  • 産業保健総合支援センター主催の研修については、実地研修については審査の上で認定するが、講義のみの専門研修は原則として認定しない。

5. 申請書類

日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度委員会 事務局 佐藤 貴志
〒160ー8306 東京都新宿区西新宿5-25-11-2F㈱日本小児医事出版社内
E-mail:  HP:http://hokenkango.sanei.or.jp/

PAGE TOP

HOME

日本産業衛生学会

産業保健看護専門家制度に関するお問合せ、お申込みは下記事務局へお願い致します。

産業保健看護専門家制度委員会
TEL03-5388-5311 FAX03-5388-5193 MAIL
日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度委員会 事務局 佐藤 貴志
〒160ー8306 東京都新宿区西新宿5-25-11-2F㈱日本小児医事出版社内