公益社団法人 日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度委員会

ご案内 information

2020年度産業保健看護専門家制度登録者認定試験要領を公開いたします。 NEW
本制度に登録している登録者・専門家・上級専門家の登録有効期限について、新型コロナウイルス感染症流行拡大に伴い、登録有効期限を無条件に1年間延長することについて(6/22にお知らせ済)、証明書の提出が必要な場合は、以下をお使いください。
新型コロナウイルス感染症流行拡大に伴う登録有効期限延長について
第30回日本産業衛生学会全国協議会(http://www.sanei30.com/)において、産業保健看護専門家制度のオンライン自由集会を開催いたします。参加を希望される方は、必ず全国協議会への参加登録(10月16日まで)をお済ませください。
学会参加専用サイトにURLを公開いたします。
------------------------------------------------------------------------------------------------
 FD6 自由集会:産業保健看護専門家制度委員会
 11月23日(月) 10:30−12:00 オンラインライブセッション[Zoom]
 テーマ:産業保健看護専門家制度の今とこれから−制度創設から5年目を迎えて−
 東京有明医療大学 掛本 知里
------------------------------------------------------------------------------------------------
2021年1月24日(日)実施予定の登録者認定試験について、例年4会場で実施しているところ、今年度は「東京会場のみ」での実施が決定しました。試験実施の詳細は、改めてお知らせいたします。
但し、今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況により中止となる場合があり、その場合は本ホームページ等でお知らせいたします。
研修内容報告書(様式第2号-2)に貼付する参加証・受講証等について、オンラインによる研修会(継続研修として認定されたものに限る)については、領収書、オンライン受講ID・パスワード連絡メール添付により参加・受講を認めることをお知らせいたします。
なお、添付する証明書類の本書・写しは問いません。
新型コロナウイルス感染症流行拡大に伴い、登録有効期限及び今年度実施予定の各試験の取扱いについて、以下のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。

1 本制度に登録している登録者・専門家・上級専門家の登録有効期限について
  2020年6月30日(火)までに申請したものを含め(必着)、本制度に登録している全員の「登録有効期限」を、無条件に1年間延長する。
  なお、今回の措置に伴う登録証は、再交付しない。

2 2020年度専門家認定試験・登録者認定試験について
(1)専門家認定試験
   2020年11月8日(日)に実施予定の本試験は、今年度はやむなく中止とする。
(2)登録者認定試験
   2021年1月24日(日)に実施予定の本試験の実施可否は7月以降に決定し、本ホームページ上で告知する。
第93回日本産業衛生学会実地開催中止(誌上開催・Web開催)に伴う以下1~4の各種要件認定について、以下のように決まりました。
1 学会参加ポイント:学会活動報告書(様式第5号)関係
第93回日本産業衛生学会の参加証を得た者(※)は、参加ポイントの取得を認める。
※ 事前登録の延長に伴い、これから参加登録する者も含む

2 研究業績:業績報告書(様式第4号)関係
産業衛生学雑誌に掲載された抄録(写)を提出した者は、演題発表したものとして認める。

3 継続研修:研修単位報告書(様式第2号-1)、研修内容報告書(様式第2号-2)関係
Web開催された講演について、研修単位報告書・研修内容報告書が提出された者は、単位取得を認める。

4 社会貢献:社会貢献報告書(様式第6号)関係
以下の要件全てを満たす者について認める。
(1)学会運営スタッフとして既に申込みしており、「日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度 社会貢献証明書」 を提出する
(2)上記1(学会参加ポイント)・3(継続研修)を提出する
「日本産業衛生学会産業保健看護専門家制度に係る規程 施行細則」の一部変更に伴い、各種情報を一斉更新しました。
なお、各種申請様式も更新されています。申請の際は、当HPに掲載されている様式をご使用ください。
2019年4期 認定研修単位を公開いたしました。
第93回日本産業衛生学会運営スタッフ募集(社会貢献と認定されます)募集要項 申し込み用紙
*応募締切2020年2月13日
産業看護部会主催基礎研修(Bコース)開催のご案内
2019年度産業保健看護専門家制度登録者認定試験における愛知会場及びWeb申し込みページアドレスが決定したことに伴い、認定試験要領を更新しました。受験を予定されている方は、再度要領をご確認ください。
なお、受験地の希望は第3希望までの記載となりました。
2019年度産業保健看護専門家制度登録者認定試験要領を公開いたします。 
産業保健看護専門家制度に関する規程 施行細則」の一部が変更になりました。 
"社会貢献"の考え方を更新しました。 
2019年2期 認定研修単位を公開いたしました。
2019年度産業保健看護専門家認定試験要領を公開いたします。
HPリニューアルのお知らせ
2019年1期 認定研修単位を公開いたしました。
第92回日本産業衛生学会運営スタッフ募集(社会貢献と認定されます)募集要項 申し込み用紙
*応募締切2019年2月15日
2018年4期 認定研修単位を公開いたします。
2018年4期 認定研修単位を公開いたします。
2018年3期 認定研修単位を公開いたしました。
第28回全国協議会(東京)運営スタッフ募集(社会貢献と認定されます)募集要項 申し込み用紙
*応募締切2018年8月末
2018年度第2期 単位認定研修会を公開しました。
第3回産業保健看護専門家制度登録者認定試験結果を公開いたします。
2018年度第1期 単位認定研修会を公開しました。

看護部会の制度から学会の制度へ変更になりました

日本産業衛生学会産業保健看護専門家制度は、産業保健看護職の専門制度として、以下の目的を果たすべく2015年に設立されました。

設立の目的:
 産業保健の目的を達成するために産業保健チームの一員として、質の高い産業保健サービスを提供できるように、産業保健領域の保健師および看護師の実践能力の育成および質を担保する。
 産業保健領域の保健師および看護師が、自律して継続的に自身の実践能力を高めていくための継続教育支援を行う。

*ILO/WHO合同会議による産業保健の目的:「すべての職業における労働者に身体的、精神的および社会的健康を最高度に維持、増進させること」

★日本産業衛生学会産業保健看護専門家制度は、日本産業衛生学会登録産業看護師制度(旧制度)を経て、2015年9月から運用開始されました。

★本制度は、「産業保健看護専門家制度登録者」・「産業保健看護専門家」・「産業保健看護上級専門家」の3つの資格から構成されており、それぞれ資格認定試験または資格認定審査に合格することで登録することが可能となります。

★現在、旧制度からの移行登録者と新制度運用開始後の登録者を合わせて1000名以上が産業保健看護の専門職として活動しています。

<登録者総数 1,235名>  2019年9月30日現在
産業保健看護専門家制度登録者:667名
産業保健看護専門家:482名
産業保健看護上級専門家:86名
地方会別登録状況

お願い

1 住所・連絡先などの変更の際は、学会への届け出とは別に、遅滞なく以下の書類を事務局に送付してください。

関係様式
産業保健看護専門家制度名簿登録事項変更届(様式第19号)

送付先
〒160-8306
東京都新宿区西新宿5-25-11-2F (株)日本小児医事出版社内
日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度委員会

2 各種申請様式が更新されています。申請の際は、現在HPに掲載されている様式をご使用ください。
(様式最終更新:2020年8月17日)
▶様式更新履歴
 2020年8月17日:様式第2号-2
 2020年2月18日:各種様式(全般的な更新)

産業保健看護専門家制度規程および細則

1.規程
2.細則

産業保健看護専門家制度の概要

専門家制度の概要(新規に登録される方へ)

資格別受験・登録までの流れ

専門家制度登録要件(更新される方へ)

試験・審査関連スケジュール
よくあるご質問

会貢献はどのようなものでしょうか?

産業保健看護専門家制度では、社会貢献の意義を①産業保健看護職として産業保健の社会的認知を広げるための活動、②産業保健看護職として産業保健活動の中で人的ネットワークや視野を広げるための活動と定義しており、各資格の更新に必要な条件として定めております。

各資格により、社会貢献内容の質も異なるため、考え方を示しておりますので、参考にしてください。

毎年開催される日本産業衛生学会や全国協議会では、学会運営スタッフとして協力していただいた方に主催地方会・地方会産業看護部会から、社会貢献の証明書を発行しております。ご希望の方は、当HPや各学会・協議会からのご案内をご覧ください。

“社会貢献”の考え方

事務局からのお知らせ

★産業保健看護専門家制度に関する書類の送付先住所および
 各種費用の振込先について
送付先:〒160-8306
    東京都新宿区西新宿5-25-11-2F㈱日本小児医事出版社内
    日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度委員会
振込先:三菱UFJ銀行新宿西支店(店舗番号055)普通口座
    口座番号:0574204
    口座名:産業保健看護専門家制度委員会事務局
        会計担当木幡義信(コハタヨシノブ)

登録者認定試験の受験と登録について

登録者認定試験は産業保健看護の専門家への入り口の試験であり、保健師・看護師(第1種衛生管理者免許取得者)であれば誰でも受験できます。
合格後、産業保健看護専門家制度に登録するには、日本産業衛生学会の会員である必要があります。
登録者認定試験は、毎年1回(1月頃)東京地区で実施いたします。
※東京以外の地区で実施する場合もありますので、当HPの案内をご確認ください。

●登録者認定試験の受験をされる方へ

関係書式
1.産業保健看護専門家制度登録者認定試験受験資格審査・受験申請書
(様式12号-1)

2.履歴書(様式9号)

●登録者認定試験に合格された方へ(名簿登録手続き)

関係書式
1.産業保健看護専門家制度名簿登録申請書(様式17号)
2.有効期限延長・更新猶予申請書(様式第14号-1)

●登録者名簿に登録された方へ(上級専門家との契約)

関係書式
1.登録者基礎研修指導契約報告書(様式第23号)
  産業保健看護上級専門家名簿(現在公開期限外)
2.有効期限延長・更新猶予申請書(様式第14号-1)

●専門家登録に向けての活動チェックリスト

専門家認定試験の受験と登録について

「産業保健看護専門家認定試験」を受験するには、登録者認定試験に合格後、登録をする必要があります。(前項「登録者認定試験の受験と登録について」参照。)
また、委員会が認定した基礎研修を受講するなどの規定の要件を満たし、受験資格審査を受ける必要があります。
専門家試験は年に1回(11月頃)主に東京地区で実施いたします。
受験を希望される方は、当HPの案内をご確認ください。

●専門家認定試験の受験をされる方へ

関係書式:受験資格審査申請
1.産業保健看護専門家認定試験受験資格審査申請書(様式第8号)
2.履歴書(様式第9号)
3.実務経験報告書(様式第1号)
4.研修単位報告書(様式第2号‐1)
5.研修内容報告書(様式第2号‐2)
6.業績報告書(様式第4号)
7.学会活動報告書(様式第5号)
8.社会貢献報告書(様式第6号)
9.登録者基礎研修指導内容報告書(様式第3号)

関係書式:受験申請
1.産業保健看護専門家認定試験受験申請書(様式第12号‐2)
2.有効期間延長・更新猶予申請書(様式第14号-1)

●専門家認定試験に合格された方へ(名簿登録手続き)

関係書式
1.産業保健看護専門家制度名簿登録申請書(様式第17号)
2.有効期間延長・更新猶予申請書(様式第14号-1)

登録者資格の更新について

登録者として登録された方は、登録から5年以内に専門家認定試験を受験・合格し、専門家として登録しない場合、その資格を喪失することになります。(前項「専門家認定試験の受験と登録について」参照。)
登録有効期間内に専門家として登録できず、その理由が委員会に認められた場合、1回に限り登録者登録を更新することができますので、所定の更新手続きをお取りください。

●登録者名簿への登録更新をされる方へ

関係書式
1.産業保健看護専門家制度登録者名簿登録更新申請書(様式第20号‐1)
2.研修単位報告書(様式第2号-1)

専門家資格の更新について

専門家として登録された方は、5年ごとに登録の更新手続きを行ってください。登録更新のためには、委員会が認定した継続研修を受講するなどの規定の更新要件を満たす必要があります。
産業保健看護専門家として活動するとともに、更新要件の取得を忘れずに行ってください。
登録有効期間内に更新手続きができない方は、その理由が委員会に認められた場合、登録有効期間を延長、若しくは更新を猶予することができますので、所定の手続きをお取りください。

●専門家名簿への登録更新、若しくは有効期間延長・更新猶予をされる方へ

関係書式:登録更新
1.産業保健看護専門家制度名簿専門家登録更新申請書(様式第20号‐2)
2.実務経験報告書(様式第1号)
3.研修単位報告書(様式第2号‐1)
4.研修内容報告書(様式第2号‐2)
5.業績報告書(様式第4号)
6.学会活動報告書(様式第5号)
7.社会貢献報告書(様式第6号)

関係書式:有効期限延長・更新猶予
1.有効期間延長・更新猶予申請書(様式第14号-1)
2.有効期間延長・更新猶予追加申請書(様式第14号-2)

上級専門家認定審査の受審と登録について

産業保健看護上級専門家は、産業保健看護専門家のうち、専門家になろうとする登録者を指導するにふさわしいと認定された資格です。
上級専門家になるためには、専門家として登録後5年以上の実務経験もしくは実践活動があり、委員会が認定した継続研修を受講するなどの規定の要件を満たし、上級専門家認定審査を受ける必要があります。
上級専門家審査は書類審査となり、通年受けております。受審を希望される方は、所定の手続きをお取りください。
審査は委員会開催時(不定期)に行っています。

●上級専門家認定審査の受審を希望される方へ

関係書式
1.産業保健看護上級専門家認定審査受審申請書(様式第12号‐3)
2.履歴書(様式第9号)
3.実務経験報告書(様式第1号)
4.実践活動報告書(様式第7号)
5.研修単位報告書(様式第2号‐1)
6.研修内容報告書(様式第2号‐2)
7.業績報告書(様式第4号)
8.学会活動報告書(様式第5号)
9.社会貢献報告書(様式第6号)

●上級専門家認定審査に合格された方へ(名簿登録手続き)

関係書式
1.産業保健看護専門家制度名簿登録申請書(様式第17号)
2.有効期間延長・更新猶予追加申請書(様式第14号-1)

●上級専門家名簿に登録された方へ(登録者との指導契約)

(参考:登録者向け)専門家登録に向けての活動チェックリスト

上級専門家資格の更新について

産業保健看護上級専門家として登録された方は、5年ごとに登録の更新手続きを行ってください。
登録更新のためには、委員会が認定した継続研修を受講するなどの規定の更新要件を満たす必要があります。産業保健看護上級専門家として活動するとともに、更新要件の取得を忘れずに行ってください。

●上級専門家名簿への登録を更新される方へ

関係書式
1.産業保健看護専門家制度名簿上級専門家登録更新申請書
(様式第20号‐3)

2.実務経験報告書(様式第1号)
3.実践活動報告書(様式第7号)
4.研修単位報告書(様式第2号‐1)
5.研修内容報告書(様式第2号‐2)
6.学会活動報告書(様式第5号)
7.業績報告書(様式第4号)
8.社会貢献報告書(様式第6号)

PAGE TOP

日本産業衛生学会

本ホームページに掲載されている資料は無断転用禁止です。転用が必要な場合は事務局にお申し出ください。

産業保健看護専門家制度に関するお問合せ、お申込みは下記事務局へお願い致します。

産業保健看護専門家制度委員会
TEL03-5388-5311 FAX03-5388-5193 MAIL
日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度委員会 事務局 佐藤 貴志
〒160ー8306 東京都新宿区西新宿5-25-11-2F㈱日本小児医事出版社内